読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皆アーサーアーサーいってないでダメプリオにも萌えよう!な!インセプション(2回目)

映画

つーことでディカプリオと残念な嫁シリーズ(とっとと革命道路みろって。見ます見ます)、次回の嫁はこの私が!*1

ストーリーを理解したいと思ってじっとり見たつもりだったけどむしろ疑問点が増したでござるよ!初回で見過ごしてた事とか、気付いたこととか色々。以下・当然ネタバレーション


2回目も字幕で見たんだけど(だってデカプとかJGLの声好きだからさ!)この映画って情報量がすさまじくて、字幕に気をとられている隙も惜しいくらい画面でいろんなことが起こってるんですよね。それでも2時間半という決して短くない道中、ずうっと惹きつけられてしまうというのはやっぱりすごいなあと。

別にストーリーや設定の隅々まで理解しなければいけない映画だとは思いませんが、(むしろこまけぇこたぁ以下略)何故ストーリーが分かりにくいのか、その原因の一つとして、(a)どこまでがミッションの(ロバートを騙すための)脚本と演出で、どこからがアクシデント(ロバートの自己防衛・モル様がらみ)なのかが分かりにくい、という事があげられると思うんです。
あと、この世界の「夢共有ルール」の把握ができるか。(b)「夢の主」「設計者」「共有者」「夢の中の人物(潜在意識の投影?)」のそれぞれの権限がよく分からないのだよね。この順番で権限が大←→小なのでしょうけど。投影は、夢の主の潜在意識だけでなく、共有者の潜在意識も混ざってくるということですよね。これが夢の中を複雑にしている要点の気がする。
ルールの2として、(c)階層による時間の進み方の違い。これは劇中で明確な数字が出てきていたので、きちんと計算すればそれぞれの層で主観的に経過した時間が割り出せるっぽいよね。私はよく覚えてないけれど、階層ごとに6倍になるんだっけ?
この3つを念頭においてみると、もうすこしスッキリとしてくるのではないかなー。

上記以外の謎の部分(何でアーサーはこんな駄目プリオとコンビ解消しねーんだよとか謙さん命張って助けに行くコブなんなんだとかロバートおま・・・)はもう全部腐フィルターで説明したらいいんじゃないカナ(しないけど)!べんり!

例えば、528491ってなんだったのさ→雪山で遺言の入った金庫を用意し、その暗号をロバート自らの心から引き出すための演出。なるほど。初見時は、これがコブちゃんズのシナリオの一部だったってことを見落としてたのですね(a)

だから、ミッション開始から終了まで、全部ターゲットのロバート視点で描いてくれるとすごく分かりやすくなるんじゃないかな。うん。スッゴイカワイソ!

ほんで今回の疑問は、ブラウニング(フィッシャーの側近)。第一層(ビル街)でのブラウニングはイームスの偽装だったけど、第二層(ホテル)でのブラウニングはイームスではなくロバートの投影なんだよね?サイトーがイームスと間違えるっていうシーンもあったし。その投影?がロバートを騙す為に「遺書を始末しようとする」演技をしたのかな?というそこの部分が分からなかったのです。あと、第二→から第三層に移行する際にブラウニングも装置につないでたような気がするのは、やはりロバートに「第一層が現実である」ことを信じこませるためのフェイクなのかしら。このあたり3回目(そろそろソフト化待ちかもだけど)のリベンジ課題ですね。

冒頭とラストでサイトーさんがしわしわになっていたお城、アレは一番最初のエクストラクション時のアーサーの夢(設計は名前忘れたけどあの人なのかな)をサイトーがずうっと覚えていて再構築した物なのかな。だとしたら…なんで…。

色々と論争を巻き起こしてるラストについて。基本的にはどっちでもいいよ派です。が。「子供の服がコブの投影と一緒だし、別れてから全然成長してないからやっぱりアレは夢なんだよ!」という意見が頻出してるようなので、服どうだったかな、とちょい注目して見てみました。あれ、やっぱり同じっぽいねえ。
ですがその後で衣装の方の証言「ラストの服、違いますよ?よく見てくださいね」を発見。ふむむ。ここから私が導いた結論は「夢であると推測できる要素がふんだんに盛り込まれた現実」ですね。どちらにも断定はできないけれど限りなくそれを匂わすという。ノーランのいぢわる。目が覚めた飛行機から空港に降り立つシーンでも(その前のコブのヤッタカ!?みたいなものすごい顔もいいですね!あれはまさにデカプの演技!)、全部コブのぼんやりとした主観で撮られてる。仲間との(チラッ(グッみたいなやり取り(ここイイよね!)もどこか心ここにあらずといった感じで。コレって、夢から覚めたフワフワ感、大きなことをやり遂げたフワフワ感、そして飛行機から空港へ降り立った時の身体・精神的フワフワ感、それから映画が終わりに向かってることで、これから観者に待っているであろう劇場外にでた時のフワフワ感をも何重にも表現していて実にうまいと思う。

  • 以下ランダム小ツッコミ

この映画の驚異のデコちゃん率は何なんだろう。ノーランが代表取締デコだからか…?ていうかノーラン先生イケメン過ぎるよね。

モル様はプリ夫のことドムって呼ぶよね。仲間内でファーストネームが出てくるのはコブモルと御曹司だけかな。最初コブさんがファーストネームだと思ってたのはナイショだ!

パリでアリアドネを勧誘した後コブは一人でモロッコ?に行くんですよね。パリ→モロッコは3時間くらいで行けるらしい。近いんだー。その間エレンペイジはJGLとよろしくやっていたわけですね!クソッ

サイトーさん、あなたは一体…。大体競合企業のトップなんだから絶対ロバたんはサイトーの顔くらい知ってるよねえ。思いっきりタクシーで銃突きつけてるんだけど。ドヤ顔で。そもそも何であなたまで夢に入ってこなければならんのか。その辺に一切説明がないのが妄想力をかきたてますね。ひょっとしてそれ狙ってますか。

アリアドネがコブにむかって「あなたには理解者が必要だわ」って言ったとき、お前、何故サイトーと見つめ合ったしwwwココ、腐ってる方は刮目して見てくださいね!

第一層で想定外の武装集団に襲われたことに対してアーサーに当り散らすコブ…。人としてそりゃないよwwwマジでアーサーに同情するお。

そんな男女問わず大人気のアーサーの無重力アクションはやっぱり素敵でした。着衣の!乱れ!万歳!ここスタント無しで撮影したそうで。いやー早くメイキングとかみたいですね。ていうか(500)日のサマーを見てジョゼフ・ゴードン=レヴィットの身体能力がすごいって言った友人マジで慧眼だと思った。普通あの映画でそこに注目しねえええよ!

コブちゃんズの中で一番有能なのはダントツにイームスではなかろうか。リーダーシップはとらず、器用で何があってもおいしいところを持っていく性格なんだろうとは思うけど。身辺調査から心理作戦破壊工作までこなすし。めっちゃデキる男じゃん。金庫から風車を取り出すロバートを見守りつつ超冷静にキックのタイミングを計るイームス、まさにこれぞプロのお仕事だよ!ダメプリオに爪の垢を飲ませたい。

そういえばイームスもインセプションをやったことがあるって言ってたね。「浅すぎて成功しなかったが」一体何を植えつけたんだろう。気になる。まあインターナショナルに多発してるであろうインセプ腐女子ならば「アーサー→イームスへのラーヴ」とかで本ができるよフハハヤッタネ(棒)
ああ、でもそう言えばイームスは「俺は家族のもとに戻れるが」というようなことも言ってました。なんか意外だよ。まさかの妻子持ちとかなのか!?北アフリカで博打に興じていたお前が?

USTで町山智浩がベーコンの絵について触れていたけれど(その後訂正があった模様で)→でも「ターゲット(=サイトー)の趣味」って言ってなかったかなあ?やはり2回目見てもあれはベーコン「もどき」の絵に見えたんだけれど。探しても同一と思われる絵はないし。「もどき」だとすれば何故本物(町山の提示していた「ラストタンゴ・イン・パリ」のモチーフとなった一枚を使わなかったのだろうか。

*1:死亡フラグくせえ…