読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性アイドルソシャゲ4種レビュー盛り全部美味しい

 

はい。全部やってます。だらだらと、読みにくい文章が続きますが、書きました。どのゲームも超面白いし超好きです!スマホゲームなんで、難しく考えず気軽に始めたり気楽に引退したりすればいいと思います。課金については心とお財布との相談で。 

f:id:AyakA:20150908114333j:plain

 

  • SideM(担当アイドル:東雲荘一郎)

初めてのソシャゲで初めてのアイドルものだったからここが基準になっているけど、基本的に課金課金の闇社会。ボイスひとつ聴くのにも課金。嫁のガチャSR引くにも多めの課金。なので、微課金主義者は時々しか本気を出しません。それでもSR一枚取りとかは意外といけたりするので(イベントによると思う、ハイジョイベとかは多分別)超上位争い以外は、穏やかなのか?(ヘビープレイヤーではないものの、稼働初期よりちまちま続けてきたことによるそこそこのデッキ力が前提になっていると思うけど)プロデューサー同士の独特な団結感が(過去の長期間メンテとか、終わるんじゃないかというヒヤヒヤから)存在する。アイドルのキャラクターとしての魅力はあるのにその他諸々がついてきていないんじゃないかと思っていたけど、ストーリーはだんだん良くなってきた。それでも越境会話ぐらいしろよ!こんなにバラエティあるのに同じユニットでいつも固まってもったいない、と思っていたら、SDキャラ劇場で越境してきた模様。ちなみに課金制。石油王向けゲームか?キャラクターの幅(わかりやすい所でいえば、年齢)がとても広い。プロデューサーの性別含めた個性のぼかし方が徹底しているので、男性Pや乙女ゲームNGというプレイヤーにも居心地がいい。声帯が途中から実装されるというメタなドラマ性が生まれるのが、声なしで産まれたゲームならではで凄いと思う(例・しゅごんとか高Pのキャラクターが濃い、みたいな)。CD楽曲や、キャスティングは超良い。中の人がアイマスブランドに参入してくる覚悟を感じるし、成長も楽しみ。カード絵柄は概ね良い。背景画像がとても綺麗で良い。ローテーションは多分諦めた方がよい。

 

  • あんスタ(担当アイドル:蓮巳敬人)

SideM以外は基本的に全部そうだけど、ゲーム内通貨がダイヤで一本化されているのでわかりやすい。レアガチャの確立が良心的(らしい)。学園もので、プロデュースするのは全員高校生なので、キャラに統一感がある。ユニットだけではなくて、部活、クラスなどの人間関係が複雑で燃料が多い。主人公は女子と明言され、ハーレム乙女ゲーといっても間違ってはいないけれど、糖度はそんなに高くないし、むしろやおい生産工場だと思う(個人の感想です)。ストーリーが面白くて、テキスト量がとても多く、濃い。のに対して、ボイスつきの台詞は少な目。絵柄はさっぱりしたアニメ系で親しみやすく、私は好き。安定して作画が綺麗だと思う。衣装のデザインがとても可愛い。SD絵もとても可愛い。ぬるぬる動く立ち絵や、その着せ替えシステム、固有衣装で、さらにレアカードには固有モーションのあるSDは素晴らしい出来だと思う。ゲーム性が単調なクリックゲームで、一つのイベントが長いので走るとなると結構つらくなる。SideMでいうと永久マラソンみたいな感じか。稼働間もない段階でいきなりグッズ大量発売、CD全ユニットごっそり発売など、財布が大変そう。

 

  • アイチュウ(担当アイドル:三千院鷹通)

音ゲー。なので、単純作業ではなく、イージーから慣れていってエキスパートの難しい譜面もクリアできるようになる、というゲームプレイの喜びや快感がある。逆に音ゲーの難点として、集中力や時間、環境などが制約され、ながらゲーは不可。iphoneではあんまり感じたことがないけど、動作環境によってはあまり快適でないとの声も聞く。キャラはユニットごとに絵師が違う「艦これ・刀剣方式」なので、そこがあまり好きじゃない人もいる様子。キャラは面白い子もいるし、よく喋る。ただしストーリーではなく、ホーム画面で、である。SideMでいうイチオシアイドルの会話が、越境ありの全組合せで3種類ずつ、フルボイスで!という太っ腹仕様、これは素晴らしいと思います。アイドル同士の関係性を深める萌えもある。それとは逆に、完全なる乙女ゲームのメインシナリオ・恋愛シナリオは好みの問題だと思うけれどあまり…かな。ダミーヘッドマイクを売りにしているけれど、個人的にダミヘそんなに魅力的ではないし。楽曲の数が多く(現時点で24曲?)それぞれすごく個性的なスルメ曲なので、音ゲープレイが大変に楽しいです。キャラ育成難度は言われているほど高くないと思う。ガチャも良心的(らしい)。男性声優*1の歌う変な曲が沢山聞きたい人にオススメです。

  • アイナナ(担当アイドル:二階堂大和)

バンダイナムコが莫大な広告予算をかけてぶっ込んできた最新の音ゲー。パチンコ玉が飛んでくるので確実に仕留めろ殺せ殺せ。アイチュウですっかり音ゲーに慣れたつもりになっていたら、最初の方ぜんっぜん出来なくてキレそうになりました、ぱちんこだまに。ただし稼働時からは難易度調整されたみたい。最早自分が慣れたのかシステムが変わったのかもわからないが。それでもアイチュウよりはまだ難しいと思います。で、メインの売りはストーリー。キャラクターフルボイスのシナリオがそこそこの量あります。しかも続きが超気になる系の読ませるやつ。アニメにしたら映えるだろうなあ、というシーンが結構あるので、アニメ化して欲しい。主人公が完全にキャラ立ちした可愛い女の子(珍しく、プロデューサーではなくてマネージャー)なので、自己投影は無理な感じ、いっそCVつけてくれたらよかったのでは。信愛度上げでみられる、疑似LINEみたいなアイドルとの会話が凄く面白いと思う。候補生(餌カード)でさえ、ラビットチャットは面白い。でもそれを読むための育成が相当シビア。楽曲はクオリティ高く、かっこよくて万人受けしそう、歌上手めの声優で揃えていて安定感がある。でもまだ曲数少な目かな。とはいえ、譜面の種類が多い(エキスパートでも☆7と☆8で違う)ので、ぱちんこだまとの戦いはまだまだ終わりが見えない…。 

*1:しかもその男性声優が歌手レベル・歌上手い声優・歌上手い風声優・頑張ってる声優とが各ユニットぐちゃぐちゃに、渾然一体となって歌ってるのがまためちゃくちゃ面白いのである