読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swiss Army Man(原題)が2017年に日本で公開予定だそうです

Swiss Army Man(原題)が2017年(時期不明)に日本で公開予定だそうです

配給元ポニーキャニオンのリンク

作品詳細|映画上映情報|ポニーキャニオン

 邦題はスイス・アーミー・マンなのか、万能男なのか、僕と死体の漂流日記なのか、それとも…

 

とても面白い、いい映画なので皆さんに見て欲しいとずっと思っていました。やったぜ。ハンカチは用意しなよ。

私は記事を2つ書きました。どちらもギャーBLだ!というスタンスで書いていますが、そうかBLなのか、BLには興味ねえなぁor見たくねえなぁ、とスルーしてしまうのは勿体無いです。例えるならば、「ねえ聞いて思い出のマーニーが百合だよ!!」「少女革命ウテナは百合だよ!!」という感想と似たようなものかと。たとえ百合という単語や概念を知らずともその作品は非常に美しいです。ただし腐諸氏は確実に死ぬ。

美しいカリフォルニアの自然、太平洋、レッドウッドの森、生と死、友情、愛、そして屁。

 サントラもとても良いです。多くの楽曲で主演のダノ、ラドクリフが歌ってます。ミュージカル映画、とギリギリ言えなくもないくらい…。日本のiTunesなどでも購入可能ですよ。予告で使われてるのはMontageって曲だぜ!

Swiss Army Man (Original Motion Picture Soundtrack)

Swiss Army Man (Original Motion Picture Soundtrack)

  • Andy Hull & Robert McDowell
  • サウンドトラック
  • ¥1650

 

記事その一は、予告編で読み取れる情報のあたりの感想や映画の概要を紹介していますので、欠片のネタバレすら許さない、真っ白な状態で見たい、というのでなければ読んでも大丈夫な気がします(責任はとれません)

 

ayakat.hatenadiary.jp

記事その二は、上記の続きであり、全部が中盤以降のネタバレなので映画公開後に映画が気に入った人が読んでくれるのを期待しています。(ただしローカライズされていない状態での感想なので私の英語力のなさによりトンチンカンな事を言っている可能性あり)

 

ayakat.hatenadiary.jp

今後の続報など楽しみにしつつ、日本での大ヒットを祈願しております。

やっぱ聖地巡礼行かないとかなぁ、次の夏…。