読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の庭で僕と抱擁!「グレイ・ガーデンズ」何それみたい

映画

むしろこっちが本題かも。もちろんルーファスの神曲「Grey Gardens」からその存在を知ったんですが、出典であるところの「グレイ・ガーデンズ」がみたい!超みたい!という話。
・『グレイ・ガーデンズ』1975年制作のドキュメンタリー映画。(日本未公開)

Criterion Collection: Grey Gardens & Beales of [DVD] [Import]

Criterion Collection: Grey Gardens & Beales of [DVD] [Import]


・『グレイ・ガーデンズ 追憶の館』2009年制作のテレビ映画。

・あるいはそれらを元にしたミュージカル。(ブロードウェイ、日本)

広大な屋敷「グレイ・ガーデンズ」に住む、没落した名家の母子。かつて華々しかった屋敷が荒廃していく中、ゴミにまみれてなお貴族的な生活を続けていく。
朽ち果てた館にはアライグマが住み着き、しかし母子は一切の庶民的行為を拒否してミンクの毛皮を身にまとって生活してる・・・っていう実話。

ってコレだけでもう勃起するでしょう!?バンバン!!(机を叩く)アウトサイダー・アーティストの香りがプンプンする。雰囲気だけで想像すると、シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」なんかも思い出しますねー。日本語でソフト出してくれたら絶対に欲しい。むしろ何故出ていないのか疑問です。おいおい、あなたたち、好きだろ?こういうの。私はこういうの好きそうな人いっぱい知ってるよ。たのみこむ
アメリカでは結構有名らしいですね。特にゲイカルチャーのなかでは相当支持されているとか。耽美、というか、サブカル少女漫画的な所がツボなのかも。大島弓子とかそのへん?少女の美学を貫く。これは絶対に日本にも輸入されるべきだと思います。英語難民の為に、日本盤DVD、二作まとめてどどん、と出してはくれませんか?
参考:ドキュメンタリー映画について。
アキームの壺: カルトなドキュメンタリー映画『グレイ・ガーデンズ』のカルトな理由
TV映画についての解説はこっち。こちらは日本でもwowwowで昨年放映されたみたい。
エミー賞17ノミネートのテレビ映画『グレイ・ガーデンズ』日本上陸! - NY Niche
wikiにもあんまり詳しく載ってないので難儀してたのですが、こちらのサイトさんに素晴らしい解説が!自称されているとおり、日本におけるグレイ・ガーデンズオタクのナンバーワンですね、まちがいなく。